KEWA・サントドミンゴ・プエブロ族<伝統工法・モザイクインレイ>ピアス  18o04

17,064円(税込)

<Santo Domingo>サントドミンゴ・プエブロ族は、アメリカのニューメキシコ州の首都アルバカーキとサンタフェの中間あたりに位置する部族で、リオ・グランデ川の近くに集落があり貝が手に入りやすかったので、昔から貝や石を研磨しジュエリーを作っていたようです。その美しさから、世界でファンも多いジュエリーの1つとなっています。

こちらは、そのサントドミンゴの伝統的工法で、モザイク式に組み合わせるインレイワークで仕上げています。

シルバー枠を一切使わず、”ナテュラル感”を大切にするこの技法は土台となるシェルやストーンにカットした石やシェルをインレイしていくたいへん手間のかかる作業になります。

こちらは丸・ラウンドにカットされたシェルの土台に、ターコイズやアバロンやホワイトシェルなど・・・長方形に切り分けられた自然の鉱物たちが規則正しくインレイされたピアスとなります。

サイズは各・直径15〜6mmくらい。多少の誤差はご了承ください。
正確な円でないところもハンドメイド感があり、かわいいかと・・・・


※暖色スポットライトの店内にて撮影しています。お使いのパソコン環境によっては、色合いが多少異なる場合がございます。予めご了承下さい

カテゴリーから探す