ナバホ族【Keaneth Redhorse/ケネス・レッドホース★トーマス・カーティス弟・ジェニファーの叔父】 肉厚ヘビーゲージ・スタンプワーク・バングル 23N44

315,000円(税込)

こちらは、ナバホ族のアーティスト【Keaneth Redhorse/ケネス・レッドホース】 のハンドメイドのスタンプワークバングルです。
※ケネスはトーマス・カーティスの弟で、ジェニファー・カーティスの叔父にあたります。
こちらはジェニファー・カーティスの作品ではありませんが、同ファミリーということで、コチラのカテゴリーに掲載します。

ヘビーゲージの分厚いプレートに、深く正確に刻み込まれるスタンプワークの美しさ・・・
ほどよい重厚感と立体感・・・・さすがトップアーティスト一族・・・・・

サイドにもしっかりとデザインされたスタンプワークが入っていて、圧倒的な迫力と存在感です。
スタンプデザインと、絶妙な間の取り方というか、余白使いがすばらしい作品です。

とても洗練された・・・どこかファインジュエリーのような、都会的にも感じるデザインなのに、ナバホジュエリーらしい安心感というか、手づくりのぬくもりを感じさせるのは、ナバホのキームスキャニオンで育ち居留地で培った伝統と自然の造形が作品のアイデアとなり、それが作品に反映されているからかと・・・・


◎バングルの最大幅は16mmx厚み5mm、内寸が145mm、開口部が30mm(こちらの開口部の広さで若干のサイズ調整はできます)
多少の誤差はご了承ください。

【Keaneth Redhorse/ケネス・レッドホース】
ケネス・レッドホースは才能あるナバホ族の銀細工師です。 彼は兄のトーマス同様、アリゾナ州キームズキャニオン生まれ、同州ホワイトコーン育ち。
彼の愛情深い家族は家畜を育てるために一生懸命働き、母親と姉妹は織物職人でした。
彼の兄トーマス・カーティスは彼の人生に大きな影響を与えました。
トーマス・カーティスは、20世紀で最も有名なナバホ族の銀細工師の一人として広く考えられています。 元々のファミリーネームはレッドホースで、トーマスがロデオに加わった1960年代にカーティスという名前が与えられ、今はジェニファーに受け継がれています。

トーマスはケネスに、ヘビーゲージのシルバーと熟練したスタンピングを使用したジュエリー製作の技術を教えました。
ケネスは金属の扱いがとても上手で、数年間ジュエリーを作った後、アリゾナ州ツーソンの溶接学校に入学しました。 彼の溶接に関する専門知識と才能により、サンフランシスコの高層ビル建設で素晴らしい仕事に就きました。 彼は最も複雑な配線を行うことができました。
彼は 5 人の子供たちに会うために、3 か月ごとにナバホ居留地に車で戻っていました。 彼は 25 年後に退職し、現在は故郷とルーツに戻っています。
生涯、一生懸命働いてきた彼は、帰郷後すぐに再びジュエリー作りを始めることを決意しました。
彼の作るジュエリーはトーマスやジェニファー同様に美しいです。
また。彼は、トーマス・カーティスの娘であり、著名なナバホ族アーティストであるジェニファー・カーティスの叔父であることをとても誇りに思っています。


※暖色スポットライトの店内にて撮影しています。お使いのパソコン環境によっては、色合いが多少異なる場合がございます。予めご了承下さい

カテゴリーから探す